お問い合わせ

平日9 : 00~17 : 00
TEL053-472-1321

制服・ユニフォームの新着お役立ち情報information

玉川産業 > >

2022/04/28 コラム浜松 2022年ファッション業界で話題の色は?

トレンドカラーの決め方

「今年のトレンドカラーはオレンジ!」「今年の夏、押さえておきたい色はイエロー!」など、ファッション雑誌には数か月先に流行する色が予言されていて、実際にその色が流行します。

この予言、的中率が高すぎると思いませんか!?

 

それもそのはず、この流行色は数か月前どころか数年前に決まっているのです

 

 

当然ながらアパレルメーカーは、ニーズがないものを制作しても売れませんよね。

そのため、世界情勢や経済状況を分析したうえで、2年後の流行の方向性を決めているのです。

ある意味、ここでニーズを作り出していると言っても過言ではないかもしれません

 

 

「パリコレクション」「ミラノコレクション」などで斬新なスタイルを提案するデザイナーさんですが、デザインした服が売れなければそのスタイルを継続することができません。だって、ファッションショーで着ている服、街中で着られますかそういうことです。。。

 

ひとつ数千万円・数億円で販売できる力のあるアーティストの場合は、そもそも流行を追う必要がありませんので自由な製作が可能です。

しかし、ファッションデザイナーはビジネスでもありますので、世の中の流行・ニーズに沿った物を作る必要があるのです。

 

 

世の中にはそれらの流行を決定する、インターカラー(国際流行色委員会:INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR)という国際間でトレンドカラーを選定する唯一の機関が存在します。

17か国の色彩情報団体(2021年12月現在)で構成されていて、約2年前の6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを選定しているのです。

 

ここで国際的な流行色の方向性が決められた後、各国の団体が国内市場向けに方向性を決めていきます。

日本ではJAFCA(日本流行色協会:Japan Fashion Color Association)という団体がその役割を担っています。

 

インターカラー・JAFCAどちらも、「今年の流行色は○○色!」と発表するのではなく、複数色だったりトレンドカラーテーマのようなものが発信されます。

 

例:2022年春夏JAFCAレディスウェアカラー
カラーテーマ:Seduction セダクション(魅惑)
特徴:行動が制限されている反動で開放感溢れるリゾートへの憧れ。息苦しい日々の暮らしの中、華やかさを求める気持ちが高まるため、エネルギーに満ちた色、夏らしい強い色、光沢感のある素材などへの関心が高まる。
テーマカラー:オレンジ・ピンク・グレー・パープル等

このような具合ですね。

 

 

流行色が決まると、糸や生地が決まってきます。

ハイブランドがこのように流行色を決めると、ファストファッションが追随し、その中の一部をマスコミが取り上げ、流行色として世間一般に広がっていきます。

 

デザイナーさんには自由に新しいものを作って欲しいのですが、トレンドから外れた素材はコストが跳ね上がったりニーズがなかったりするので、必然的に流行色に沿ったものを作らざるを得ない面もあるそうです

 

 

トレンドカラー決定までの流れ

2年前 インターカラーが国際流行色の方向性を決定
1年半前 JAFCAが国内市場に合わせてトレンドカラーテーマを決定
糸・布の素材の方向性を決定
1年前~半年前 デザイナーの商品企画・コレクションの開催
マスコミ等がその中の一部をトレンドカラーとして取り上げ
現在 発売

 

このような流れで発表されるため、オリンピックが行われるとその国の伝統カラー、景気が悪くなるとモノトーン、戦争が始まるとカーキやオリーブが流行することは予想しやすいですよね。

 

ところが、この2年間に突発的で大きな出来事が起きるとトレンドカラーが大きく変わってしまうこともあり得ます。

まさしく新型コロナウイルスの影響で生活が一変した年などは、その影響を受けたのではないでしょうか。

 

また、近年はSNSの発達で、影響力のあるインフルエンサーなどから流行が発信されることも多くなっており、個から発信される流行色も多くなってきているようです。

 

どちらにしても、溢れかえっている情報を鵜呑みにせず、自分に似合う色と流行を上手くコーディネートに取り入れられると良いですね

 

 

2022年実際に話題の色は?

で、実際に事務服業界で話題になっている色は何色?

ということになるのですが、これは事務服メーカーさんに聞くのが一番ですね♪

 

会社で着用する仕事服は落ち着いた色が多く、人気の色がほぼ決まっています。

事務服・・・ブラック、ネイビー、グレー
ブラウス・・・ホワイト、ピンク、ブルー
カーディガン・・・ブラック、ネイビー、グレー

 

そんな中、メーカーさんが「今年は例年に比べ問合せ数が多い!」と感じているのが「パープル!!」とのこと。

そういえば2022年流行色にも含まれていましたね。

パープルと言ってもパステルカラーの藤色に近い色です。

 

浜松市内の龍谷寺で藤の花が綺麗に咲いていましたが、こんなイメージですね。

今の時期ですと藤の花を思い浮かべますが、事務服業界では「ラベンダー」の色名が付いていることも多いですね。

 

では、当店で人気のパープル系ブラウスのご案内です。

コスパ抜群長袖ブラウス 極上の快適七分袖シャツ
一覧へ戻る

制服に関してのお悩みはありませんか?

お問い合わせはこちら

TEL053-472-1321平日9 : 00~17 : 00