インフォメーション

平日9 : 00~17 : 00
TEL053-472-1321

制服・ユニフォームの玉川インフォメーションinformation

玉川産業 > >

2020/12/15 コラム コンプレッションウェアとは?着る意味あるの?

 

コンプレッションウェアというものをご存じでしょうか?

 

名前を聞いただけではパッと思いつかなくても、見たことはあるという人が多いと思います。

 

アパレル業界には様々な用語が存在しており、聞きなじみのない言葉もあるかもしれませんが、その中でも今日は、コンプレッションウェアというものについて、解説していきます。

 

 

コンプレッションウェアとは?

 

 

コンプレッションウェアとは一体どのようなものでしょうか?

 

よく見かけるのは、夏日に足場屋さんが着ていたり、サッカー選手達も着ていますね。

 

コンプレッションとは圧迫や圧搾と言う意味で、適度に体を包み込んで筋肉をサポートすることで、運動機能が支援できるとされています。

 

無駄な筋肉の動きを抑制し、筋肉の疲労を軽減し、集中力を高めることができます。

 

また、メーカーによって色々な呼び方、商品名がつけられており、混乱してしまいそうですが、違いを決める明確な定義はありません。

 

AWシーズンとSSシーズンによって生地の厚さや、素材、メッシュ採用、UVカットの有無等様々な違いがあります。

 

そして、一括りにされがちですが、一時期大流行(今も?)した加圧シャツと呼ばれるものについては、別物になります。

 

 

コンプレッションウェアを着るメリットとは?

身体の疲労軽減、回復効果

・身体の運動をサポートし筋肉の無駄な動きを軽減し、消費エネルギーの減少、パフォーマンスUP

・筋損傷(身体を動かすことによる、筋肉のダメージ)を軽減、怪我の予防や、怪我をした際の負担軽減

効果のあるテーピング機能の効果

・着用した際の適度な圧力による、着心地の良さや、仕事をする、運動をするという気持ちのやる気スイッチがオン

 

他にも吸汗速乾機能によって汗をかいてもすぐに吸収し、乾かしてくれる為汗による身体の冷えもなく、冬物は保湿効果もあったりと様々な効果があります。

 

これらの理由から運動する人や、仕事で体を動かす方などにとっても最適なものとなっているんですね。

 

実際に私も走ったりする時に身に着けることがありますが、着用した時の『着圧』が心地よくやる気が向上されて

とってもオススメです。

実際に着用してみるとこのような感じになります。

 

バートル コンプレッションウェア インナー 4039

 

以前紹介したバートルの新商品防風フィテッドに似ていますね

 

防風に優れたコンプレッションウェア記事はこちら

 

防風タイプのものに比べ、よりフィット感が強く感じられる着心地です。

 

裏生地に起毛ストレッチを採用しているので、ほんのりではありますが、快適な温かさもあります。

 

吸汗速乾もあるので、適度に汗をかいても快適に保ち続け、嫌なべたつきもありません。

 

今回私が着用した商品はこちら

 

バートル コンプレッションウェア インナー 4039

4039バートル長袖インナー

 

まとめ:必要に応じて衣服の選択をすれば効率も上がり快適さもUP

 

日本では統計はありませんが、米国の統計を日本の人口にあてはめると、業務中やスポーツ、アウトドア、日常生活で毎日およそ1万2千人もの人々が捻挫しています。

 

現在日常生活を送りながら、捻挫を治療していく、または、捻挫を予防するために運用されているのが、身体各部位を補強するためのサポーターです。

 

それらのもとの併用しながら身に着け、着用するものも選び、怪我を予防するという意識を持って普段生活を送ることも私達にとって大事になってくると言えるでしょう。

一覧へ戻る
お問い合わせはこちら

平日9 : 00~17 : 00
TEL053-472-1321